【カフェイン抜き】15日間やってみての体験談

カフェイン抜き15日間やってみた。

1月の中旬からカフェイン抜きをやっていました。

なぜやったのかというと、

  • 集中力の低下がみられたこと
  • 睡眠障害(夜中に起きる・夜なかなか寝付けない)
  • 日中に眠くなる

などの症状がみられたため、カフェイン抜きをしました。

あと理由を挙げるとすると、

この記事の影響もあります。
私はお酒を一切飲まないので、1月にいろいろと自分にとって悪い習慣を1月の間だけ禁止していました。

そして、カフェインは今日解禁日となりました。

カフェイン抜きに必要な日数とやり方

カフェイン抜きに必要な日数は1週間~2週間といわれているみたいです。

カフェイン断ちの方法は簡単で、

  1. コーヒーと緑茶は完全にカット(紅茶・ウーロン茶・ココアもNG)
  2. 水・麦茶・炭酸水・ハーブティはOK
  3. 以上のルールを7〜14日守る

引用:パレオな男

私の場合はコーヒーを完全に断ちました。

そして、カフェインの入っていないものを飲むようにしました。
と、同時に2週間清涼飲料水も完全に断ちました。

なので、私は家ではずっと炭酸水を飲む生活を続けていました。
あと水ですね。

カフェイン抜きで得られた効果

  1. 睡眠の質の改善
  2. 寝付きがよくなった
  3. 朝の目覚めがよくなった
  4. 集中力の上下がなくなった
  5. 日中の眠気(だるさ)がなくなった

とまあこんな感じの実感がありました。

睡眠の全般改善

1~3が睡眠に関することですね。
それだけ、カフェインは睡眠にとってあまりよくないということですね。

睡眠の質として一番わかりやすいのが、夜中に一度も目覚めることなく朝に目覚めます。
それだけ、深い眠りについているということだと思います。
また、寝つきの速さも、のび太君に匹敵するのではないかと思うほど早くなりました。(笑)

集中力の上下がなくなった

カフェイン抜きをする前は、集中力にバラつきがかなりありました。
しかし、カフェイン抜きをし始めて5日ぐらい経つと浅くて長い集中が続くようになりました。

私個人的には、最も良い集中の仕方です。
なので、仕事を朝から夜まで続けてもそこまで苦ではないです。

日中のダルさがなくなった。

日中のダルさがなくなりました。
いつもは、ダルくなるとカフェインを補充して、ごまかしてを繰り替えしていました。

しかし、カフェイン抜きにより、そもそもの日中のダルさがなくなりました。
その結果、作業効率が上がり、仕事が朝から晩まで続いても苦にはならなくなったのではないかと考えています。

まとめ

カフェイン抜きはかなりおススメです!
特に、うまく寝れていない、最近集中力が下がったなと感じる方にオススメです。

しかし、私も最初の3~5日間はかなりキツイかったです。
完全にカフェイン中毒になっていましたね。

そして、今日カフェインを解禁しました。
飲みたかった大好きなコーヒーを一口飲んでビックリ!
あれ?こんなに美味しくなかったっけと感じてしまいました。

人間とは不思議なものです。

カフェイン抜きをして感じたことは、

仕事効率上がるかも

健康, 睡眠

Posted by かも